ろご2000年に導入されたYR2001号車が生まれ変わって2018年6月24日、堂々デビュー!

IMG_0699

デザインは、「オフィスフィールドノート」(福岡市)の砂田光紀代表が担当。砂田代表は「鳥海木のおもちゃ美術館」(由利本荘市)「東京おもちゃ美術館」(新宿区)の総合デザインや「長門おもちゃ美術館」(山口県)で運航する「おもちゃ船」の改修なども手掛けています。

【テーマ】列車に乗った瞬間・・・そこはもう「おもちゃ美術館」

こどもたちと楽しむ鳥海山麓の絶景と木のおもちゃの世界。心を豊かにする鉄道の旅を、この列車が演出します。
座席数 4人掛けボックス席×4、サロン席×1、パノラマ席×6、ロングソファー席×1、ショートソファー席×1 計約30席

デザインコンセプト

●18年走り続けた列車をリファインし、これまでにない高原の特別列車に仕立てました。
●木の良さを生かし、「鳥海山木のおもちゃ美術館」へ人びとをいざなう列車としました。
●こどもたちに夢を与え、鉄道の旅に憧れを抱くようなデザインを目指しました。
●インテリアを多種多様な木材と、地元秋田の技術でつくりあげました。
6
●こどもたちのために質の良い木のおもちゃで遊べるスペースを設けました。
1
●大人にも満足していただける上質な無垢材を使用した木製のインテリアです。
5
●鳥海山麓や沿線の美しい田園風景を楽しめるパノラマ席を用意しました。
無題
●四季を問わず、自然と調和しつつ存在感を際立たせる凛とした外観デザインとしました。

おもちゃ列車運行時間

7月1日(日)から、下記の時間に「おもちゃ列車」を運行致します。(YR2002号車と2両連結になる場合があります)
この他の時間もランダムで運行致します。
※運行関係上、下記の時間に運行できない日があります。
ご乗車を予定している場合は「おもちゃ列車運行予定」でご確認いただくか、矢島駅へお問合せ下さい☎0184-56-2036(矢島駅)
おもちゃ列車運行予定
7
※列車ご利用方法※

●羽後本荘駅、前郷駅、矢島駅からご乗車の場合は、駅窓口で切符をご購入下さい。
●無人駅からご乗車の場合は、列車の後ろ寄りのドアからご乗車いただき、整理券をお取り下さい。下車の際は、前寄りの(運転士がいる方)運賃箱に整理券と運賃を入れてお降り下さい。
運賃表はコチラをクリック
●8名様以上の団体様、又は、車椅子をご利用のお客様は事前に由利高原鉄道までご連絡下さい。
●未就学児は大人お一人様に対してお2人まで無料です。3人目からお子様1人分の運賃が発生致します。

※おもちゃ列車貸切のご案内※
【貸切運賃】片道2万円、往復3万円
【貸切問合せ】☎0184-56-2736(由利高原鉄道㈱ 担当:列車アテンダント)
【貸切不可期間】7月29日(日)~8月31日(金)予定
【貸切不可時間】矢島発9:40、羽後本荘発10:43、矢島発10:43、羽後本荘発12:00、矢島発12:00、羽後本荘発13:00

※注意※
●列車は揺れますので、小さなお子様の1人歩きには十分お気をつけ下さい。
●おもちゃは元の場所に戻して下さい。
●おもちゃはみんなと「なかよしこよし」で遊びましょう。
●お子様がおもちゃを口に入れないようご注意下さい。

鳥海山木のおもちゃ美術館「シャトルバス」運行時刻

鳥海山ろく線時刻表はコチラをクリック
※シャトルバス運行時間は予定です。交通状況により前後する場合があります。
10
シャトルバスのお問合せはコチラ ☎0184-74-9070(鳥海山木のおもちゃ美術館)
鳥海山木のおもちゃ美術館 http://chokaisan-wtm.jp/

駐車場のご案内

羽後本荘駅から列車をご利用いただき、おもちゃ美術館へ行かれるお客様は専用の駐車場をご利用いただけます。
【場  所】旧秋田銀行本荘駅前支店跡地(ときわ会館となり)  30台
【利用時間】午前8時~午後5時

乗車記念切符販売

鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」運行開始を記念しまして、7月1日より乗車記念切符を枚数限定で販売致します。
【販売場所】羽後本荘駅(限定700枚)、矢島駅(限定300枚)
名称未設定-2