由利高原鉄道では、「アマビエ」をモチーフにしたヘッドマークを列車に装着しての運行を開始しました。
当ヘッドマークは、おばこ娘に扮した「アマビエ」となっており、新型コロナウイルスの流行が少しでも早く終息するように『疫病退散』と沿線の皆様のお気持ちが少しでも穏やかになれますようにという願いを込めたデザインとなっております。

【装着期間】2020年4月25日(土)~ ※期間未定
【装着時間】始発列車~終発列車(羽後本荘寄りに装着)
※強風の場合など、天候により装着できない場合があります。

※ヘッドマーク装着は外出を促すものではありません。撮影を目的とした外出は行わないで下さい。終了の際は事前にお知らせ致します。

アマビエとは・・
江戸時代に海に現れたと伝わる妖怪。疫病の流行を予言し、さらに病気が流行した際には自身の姿を描き写して人々に見せるよう告げ、海中に姿を消したといわれています。