2月15日秋田魁新報に第三四半期の取締役会の記事が掲載されました

由利高原鉄道 運輸収入2%増加 (秋田魁新報 2月15日)

・・由利高原鉄道の2013年度第3四半期(13年10月〜12月)取締役会が14日、同志の本荘由里広域行政センターで開かれ、前年同期比で輸送人員が減少した一方で、記念乗車券の売り上げ増などで運輸収入は微増したことが報告された。。。同社は「冬は天候によって除雪などの費用が掛かり、乗客も減りやすいが、ツアーやイベントを積極的に行っている。鉄道ファンへの物販なども強化し、収益を増やしたい」としている。

 

このページのリンクは http://www.obako5.com/?p=9075 です。