鳥海山ろく線おばこ号の旅

五島まさを氏絵画館

「鳥海山ろく線を応援したい」と描かれた珠玉の24枚

ふるさとを詩(うた)うと全国を描き続けている五島(ごしま)まさを先生は由利本荘市本荘出身。ご自身の出身地を描き鳥海山ろく線を応援したいと、1年半をかけて何十回も足を運び100枚以上の水彩画を描かれました。絵はがきではそのうちの24枚を厳選して収録しています。「名山 鳥海山を背景にした鳥海山ろく線には、他の線では考えられない絵になる風景が数多くあります。このローカルな風景のすばらしさを知っていただき、ぜひ多くの方々に乗りに来ていただきたいという思いで描きました」と五島先生はおっしゃっています。

このページでは、その24枚の絵の一部をご紹介いたします。

OM鳥海山と菜の花w400
一年で最も美しいと言われる残雪の鳥海山と菜の花

 

E久保田のさくらw400
久保田駅横の小川には美しい桜並木が

 

EM鮎川小こいのぼりw400
秋田県内に現存する最大の木造校舎 旧鮎川小学校。4月末ごろから桜が咲き、5月にはたくさんのこいのぼりが泳ぎます。

 

Sこいのぼりw400
鮎川駅の広い空に泳ぐこいのぼり

 

絵はがきは手紙として送られる時、「受け取った方に爽やかな印象を持っていただけるように」との思いで、透明感や清潔感のある水彩画で描かれ、旅の思い出や旅への想いをほのぼのと伝えます。
絵はがきを見る

雨の前郷駅w400
雨に濡れる前郷駅

 

SM矢島駅w400
東北の駅百選に入った矢島駅。可愛らしい駅に小さな列車が佇みます

 

花あふれる黒沢駅w400
地域の方々が丹精込めて育てた花があふれる川辺駅

 

夏の鳥海山w400
夏日の鳥海山

 

実景の印象を手紙で伝える、思い出していただけるよう、絵が前に出過ぎないあっさりとした画法でほのぼのと描かれています
絵はがきを見る

紅葉とYR1500W400
鮮やかに色づく里

 

紅葉の黒沢駅W400
銀杏が金色に輝く黒沢駅

 

五島まさを先生は子ども達にも風景の素晴らしさを伝えるため、由利高原鉄道おばこ号絵画&お絵かきコンクールを提案され審査員も務められています。

子吉ー鮎川 冬景色W400
雪原広がる鮎川

 

雪の子吉川W400
雪原を割る子吉川を渡る

 

旅の思い出を伝えたり、これから行きたいという思いのきっかけとなる栞として、絵はがきはいかがでしょうか?全容はこちらよりご覧いただけます。
絵はがきを見る

五島まさを氏プロフィール

秋田県由利本荘市出身
「日本の故郷を詞う」をテーマに国内の自然や民家を叙情豊かに描き続ける旅の絵師。エッセイストでもあり「絵筆を持った詩人」と言われ中央画壇で活躍中。日本美術家連盟会員・一線美術会委員

 

このページのアドレスは http://www.obako5.com/?p=4932 です。

 

お問い合わせ先 TEL 0184-56-2736 受付時間 9:00~17:00(平日)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせはこちら
    TEL 0184-56-2736
    受付時間 9:00~17:00(平日)
イベント列車とツアー
▲イベントレポート
貸切列車

列車アテンダント

写真館・動画館

由利高原鉄道Webショップ
Webショップの使い方
特定商取引法に基づく表記

メール便り登録

氏名*必須
姓:名:
メールアドレス*必須
確認用メールアドレス*必須

Copyright © 由利高原鉄道株式会社 All Rights Reserved.